“ 未病から美妙(みびょう) ”の 提唱

- 意識とこころとからだと生き方 - 調和が奏でる妙なる美

意識を何処にフォーカスしているかで、未来は全く違うものになります。
意識を変えるためには、過去の傷ついている感情の癒しと経てきた体験から学ぶ気づきが必要になります。
ソフロロジーテラピー研究所では 美妙(みびょう)をキーワードに、4つのハーモニーメソッドを用いて、自分を捉える何かに押し潰されることのない「今」を生きていくことを応援します。

ソフロロジーテラピーのコンセプト

未病(みびょう)から美妙(みびょう)へつなげる4つのハーモニーメソッド

繰り返される過度のストレスは脳疲労を起こし、過去の感情と絡まってこころとからだに変化を及びます。
更に、意識している世界にも異変が現れ、様々な依存症を引き起こす原因や、セルフネグレクトの様に生きる事に消極的になってしまうケースもあります。心理療法でこころを、自然療法でからだのコンディションを整えて、今よりも気持ちが楽になり、自分らしい生き方を創造していくことを目的としています。

 

4つのハーモニーメソッド

① 意識のリーディング

意識している世界は無意識の情報を得て外界と繋がっています。
今起こっている現状の基となる無意識中のデータは、こころとからだと生き方の其々に影響しています。
その無意識を観察し、原因を探って今後の方向性を伴に考えていきます。

② からだの調律

抱えきれないストレスを受け続けた結果、生命エネルギーの目減りに伴うチャクラ(エネルギーの源泉)の過不足が生じ、生体の恒常性維持が不安定になり様々な箇所に異変を感じてきます。
自然療法を用いて自律神経のバランスを整え各チャクラの状態に合わせたケアを行っていきます。

③ こころの調律

13歳迄の体験が人生の舵取りに影響を与えると言われています。
培った感情が人間関係の基となり、親子・友人・仕事などの様々な場面で影響を及ぼし、本人を悩ませる原因となります。基になっている否定的感情のデトックスを心理療法を用いて行っていきます。こころの調律がからだの調律に繋がっています。

④ 生き方の創造

生き方の目標設定は定期的な見直し・変更・ リセットが必要となります。
何処に向かって何をしようとしているのかを再確認し、目標設定をしてから一歩ずつ進んでいきましょう。そのゴール設定のお手伝いをしていきます。

 

「自分をごまかさず・偽らず・言い訳をせず、素直な心で自身と向き合うこと」
それは、これからを楽に生きていくためのキーポイント。
過去の癒しが未来に向けての生き方に繋がっていきます。
皆様の“自分らしい生き方創り”をサポートいたします。