60代女性キャリア相談事例

2021年11月12日 | カテゴリー:

6代の女性から鎌倉のカフェにて個別相談を頂きました。

まだ、ご主人が健在でいらっしゃいますが、収入面では、ご主人に頼ってこられたので、人生長い先を見据えて、女性が一人に遺されたあとの、お金と生活について不安を感じていらっしゃいました。

【ステップ1】紫微斗数で全体像を観て状況を伝える

『紫微斗数』という占いでは生年月日で「12の部屋」でご自身が持っている「豊かさの部屋」と「ダメージを受ける部屋」などが分かります。

妻でいらっしゃるご本人とご主人を観て

ご主人の健康で注意したほうがいい年齢が分かるので、サポートの方法について。

【ステップ2】必要な人生な生活を整えるために必要な金額は?

実際に必要な収入について具体的な数字や

今考えられる収入を得る方法についてご自身に伺いました。

キャリアカウンセラーとして具体性と対応策を提案もさせていただきました。

【ステップ3】タロットでよい方法を聞く

ご相談者様の挙げられたご自身の働き方の選択肢をタロットで聞くと

タロットは、ハイ、とイエスで答えてくれる。

この方の場合、選択肢1については「お金を得ることならいい」 と 選択肢2の場合、「心の充実を選ぶならいい」タロットが答えてくれました。

選ぶのはご本人です。

ご自身で選んでいただきます。

【ステップ4】エネルギーの活用方法についてレクチャー

女性が男性にエネルギーを伝える方法についてお伝えしました。 ご主人に長生きしていただくための方法について

最後にカバラと西洋占星術の星の状態を伝え具体的な対応手段をアドバス。

オリジナルメソッドである「カバラとタロット・西洋占星術による夢具現化統合マップ」をお示ししたところ、

「漠然と不安だったものが、やっていくことが分かったので、すっきり安心しました。」